EPCLC溶出位置制御 精製クロマトグラフ
周辺機器

分取クロマト装置用蒸発光散乱検出器 【ELSD-100X】

0.1mg〜10g での非常に幅広いダイナミックレンジで、UV 吸収を持たない
化合物など多種・多様な化合物を分取します。



送液ポンプ FLC-Qシリーズ

  • 条件設定・操作を簡単、迅速に行うことができます。
  • ホットキーにより、順相と逆相の選択が簡単にできます。
  • 示差屈折率検出器では使用できなかったグラジェント溶出が可能です。
  • 半揮発性の化合物や低濃度サンプルも高感度で検出できます。
  • スプレーチャンバーとドリフトチューブでの独立温度調整を行うことができます。
  • 非常にコンパクトで後付け可能な機種です。設置面積は業界最小の14cm(幅)×34.3cm(奥行)です。

■順相クロマトおよび逆相クロマトに最適な分析条件をワンタッチで設定

■UV検出器とELSD-100Xでの同時モニター分取例


(サンプル名: @p-HO 安息香酸ブチル Ap-HO 安息香酸メチル)


■UV吸収のない化合物でも検出します。


(サンプル名: @オクタデカノール Ap-HO 安息香酸ブチル)


■糖類の分取


(サンプル名: @キシリトール Aソルビトール)


山善の蒸発光散乱検出システムELSD-100Xは山善“スマートフラッシュ”シリーズ分取クロマト装置で紫外吸収のない有機化合物を検出・分離する目的で特別に設計・製造したユニバーサルな検出器です。
ELSDは従来、高感度分析には適していましたが、分取クロマトグラフィーで要求される高感度〜高濃度に対応する広いダイナミックレンジを有したものはありませんでした。
ELSD-100Xは非常に広いダイナミックレンジを有しており、ほとんど全ての化合物のピークを0.1mg〜10gで検出・分取することができます。
炭水化物、ステロイド、アルコール、脂質、脂肪酸、界面活性剤、テルペンや、紫外吸収がないその他化合物の検出・分取が可能です。
UV検出器とELSD-100Xによる同時モニター・分取を行うことで、生産性が向上します。


topへ

山善株式会社

トロインモーヤコ」ャトロインモーヤコヤレマ゚イ・キナ」ャトロインモーヤコク゚ヌ蠹箙ム